大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2014年03月31日

“奇跡”

NEC_0183.jpgNEC_0181.jpgNEC_0180.jpgNEC_0182.jpg昨日3月30日に開催させていただいた


靖国神社奉納プロレス10周年記念大会


当日早朝の時点での天気予報


昼過ぎから大荒れ!

強風・雷に注意!

降水確率90%!


この状況で13時奉納プロレスが開始


空から雨に似たものが落ちてきている錯覚におちいる


そんな中でも僕達プロレスラーは全力プロレス!


大会中盤からは雨に似たものが落ちてこなくなる


そしてメインイベント終盤には太陽が顔を出し会場を照らしだす


その光景を見て言葉を失った僕


そんな僕に靖国神社関係者の方があたたかい笑顔でこう言ってくださった


「大谷さん!今日、桜の満開宣言が発表されました。
ぜひ今日来場してくださったお客様にお伝えください。」


その言葉を聞いて込み上げてきた僕


メインイベント終了後


リング上から満開宣言を発表させていただき


来場してくださったお客さんに感謝の思いを伝えさせていただいた


その時の皆さんの表情がたまらなく眩しくみえた僕


その後、会場出口にてお客さん見送りをさせていただいた際


あるお客さんにこう言っていただいた


「最後に太陽が出るなんて奇跡ですね!
本当に元気になりました。
ありがとうございました!」


“奇跡”


僕は思う


奇跡とは期待して起こるものではなく


何かを信じて頑張り続けた結果


自然や不思議な力が味方してくれた時に起こる


熱くあたたかい気持ちにさせてくれるもの


そしてその奇跡に遭遇した時


大きな大きな元気が発信される


毎年そんな奇跡が連発される“靖国神社奉納プロレス”


僕達は


もっともっと


靖国神社でプロレスをさせていただけることに感謝しなければならない


そしていつか


靖国神社様に


奉納プロレスを続けてきて良かった!


元気を発信するためプロレスを選んで良かった!


そう心から思っていただけるよう僕達プロレスラーは頑張り続けなければならない!


今一度


昨日、悪天候の予報のなかご来場してくださった皆様


本当に心の底からありがとうございました。



※ 昨日、来場してくれた友人からのメール↓↓


『本当に本当に最高の靖国大会でした!
最初はどうなるかと思いましたが、最後に出てきた太陽…言葉になりませんでした

靖国10周年大会
なんだかゼロワンそのものをみている様でした。

逆行から立ち上がる姿を、靖国大会を通して感じました。あきらめない気持ちって、本当に凄いですね。僕も雨が止んでも、さすがに太陽は無理だと思っていました。

いくらお金をかけても出来ない演出。もう参ったの一言しか出てきませんでした。』



あきらめない気持ちって本当に凄い!


僕も心からそう思いますp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 22:59| 日記
spacer.gif