大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2014年03月25日

初電流爆破!

3月21日 博多スターレーンにて僕自身初の電流爆破デスマッチのリングに足を踏み入れた


入場前までは不思議なほど冷静でいられた僕


しかしながら


いざ電流爆破のリングに足を踏み入れた瞬間


不思議な感覚になった


恐怖感でもなく


ワクワクした気持ちでもなく


フッと緊張がとけ


体が軽くなったような錯覚になった


殺伐とした空気あふれるリング内と、満員のお客さん達の大きな声援でそんな不思議な感覚になった


試合が始まり


一発めの爆破で


衝撃とダメージの大きさに驚く


でも


逆にそれで僕も


“負けてたまるか!”


の気持ちが更に強くなった


そして僕は合計3発の爆破を受け試合終了


試合後はとてもじゃないがすぐには立ち上がれない


それでも意地で起き上がろうとする4選手


そしてなんとか立ち上がった時


自然と涙があふれてきた


嬉し涙でもなく


恐怖からの涙でもない


しいて言えば


感動の涙に近いかもしれない


でも感動の涙とも少し違う気がする


あふれだす理由のわからない涙


そして僕の気持ちの中は


どんなスタイルであれ全力でプロレスに打ち込むプロレスラーに魅せられていた


大仁田厚


高山善廣


そして


藤原喜明


そんな一所懸命なプロレスラーの中で僕も一所懸命にプロレスした


一所懸命なプロレスラーを見て勇気や元気をもらう人達は絶対にたくさんおられるはず


だからこそ今


心から思う


電流爆破のリングに飛び込んで間違いじゃなかった


電流爆破も一所懸命に闘うプロレスに違いはない


そして今の世の中に


プロレスから発信されるべきメッセージはたくさんある


そう心から思えたんだ
posted by 大谷晋二郎 at 01:21| 日記
spacer.gif