大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2013年06月25日

お疲れさん記念日

今朝、目を覚ますと数件のメールがとどいていた


「デビュー21周年おめでとう!」


全てのメールに、このようなあたたかい言葉が記されていた


6月25日


21年前の今日、僕は福島市体育館でプロレスラーとしてデビューすることができた


試合内容は全く覚えていないにも関わらず試合前後の光景を今でもはっきりと覚えている


その記憶の中のひとつに大先輩からの忘れられない一言がある


当時、現場監督であった長州さんからいただいた言葉


デビュー戦を終え控室に戻り、真っ先に長州さんにご挨拶させていただいた僕


「お陰様でデビューさせていただくことができました。
本当にありがとうございました!
これからも一生懸命頑張りますので宜しくお願いします!」


すると長州さんは笑顔ひとつ見せず一言だけこう言われた


「お疲れさん」


この一言で涙が堪えられなくなった僕


新日本プロレスに入門してからの生活は厳しい練習に厳しい雑用に追われ息つく間もない毎日


そんな毎日で現場監督である長州さんからは怒鳴られた記憶だけで優しい言葉のひとつもかけてもらえなかったと記憶している


笑顔ひとつなくとは言え、そんな長州さんの口から「お疲れさん」という言葉をいただいたのである


“お疲れさん”


は、紛れもなく労いの言葉


だからこそたまらなかった


それは世間一般的には何気ない労いの言葉かもしれない


それでも


僕にとっては


やっと辿り着いた


“お疲れさん”


だったんだ!


そんな絶対に忘れられない思い出がたくさんあるデビュー記念日の今日…


僕はあたたかい人達からのお祝いメールを見るまで忘れていた(;^_^A


情けない(>_<)


それでも


しっかり言わせてください


デビュー21周年は


僕1人の力では間違いなく迎えることは出来なかったはず


だからこそこの21年の間に僕と出会ってくださった皆さん


そして今僕を支えてくださっている皆さん


そんな皆様のおかげでプロレスラーとして21周年を迎えることができました


本当に本当にありがとうございました


これからも熱い熱いお付き合いを宜しくお願いいたします!


僕も一所懸命頑張り続けますp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 19:40| 日記
spacer.gif