大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年12月18日

東京→熊本→博多→熊本。

風林火山最終戦が行われた日の翌朝僕は羽田空港にいた。


行き先は熊本。


熊本で萩〇社長と共に、いつも僕達を応援してくださっている河〇さんが主催されるダンスイベントにゲスト出演させていただいたのである。


もちろん僕がダンスをするわけではない(;^_^A


500人のお客さんの前で数分トークをさせていただき、この日が誕生日だった河〇さんにドッキリで花束をお渡しするプレゼンターの役目o(^-^)o


花束をサプライズでお渡しした時の河〇さんの感極まった表情から元気と笑顔をいただいた。


そして…


一所懸命に踊る子供達を見てダンスからも本当にあたたかい元気をいっぱいもらうことができた。


そんなあたたかいイベントを終え僕は九州新幹線で熊本から博多へ向かった。


この日は夕方からK‐DOJO博多大会に出場させていただいたのである。


TAKAみちのく 大谷晋二郎 vs 旭志織 若鷹ジェット信介


10周年記念試合をK‐DOJOの大会で組んでいただいたジェット。


ジェットの10年。


その10年がどんな10年だったのか。


僕なりに考えてみる。


しかし、これだ!という答えが見つからない。


もしかするとジェットに限っては、10年たった今もまだ明確な答えが出てないのかもしれない。


ジェットのこの10年。


それがどんな10年だったかはこれから先まだまだ頑張り続ければ、いつかわかる時が来るような気がする。


ただこの試合でひとつだけ思い知らされたことがあった。


それはジェットが本当にプロレスが好きなんだなってこと。


10周年を迎えた選手を相手に何を今更と思われるかもしれないが、その気持ちが確信に変わったのはこの日が初めてのような気がする。


だからジェット!


これからも頑張れ!!


そんな試合を終えすぐに再び九州新幹線に乗り熊本へ戻った僕。


そして再び萩〇さん河〇さんと合流。


そこからはお酒の力も手伝い激熱トークのオンパレード。


今の地位を築かれるまでの道のりや気持ちを熱く熱く語ってくださる萩〇さんと河〇さん。


そんなお二人にに対し僕も思いを熱く熱く語らせていただいた。


その中でもしかすると愚痴や弱気な発言も少ししてしまった気がする僕(><)


そして我にかえり慌てて「すみません!ちょっと愚痴言ってしまってますね、自分」と言うと萩〇さんは…


「よかって!
誰だって少しくらい愚痴こぼしてもよかって。」


そのあたたかい言葉にたまらない気持ちになった。


そんな熱くあたたかい言葉を全国のお客様から聞かせていただく度に僕はたくさんの人に支えられていることを強く強く実感するんだ。


僕もたくさんの人達を支えられる男になりたい!


うん!明日も感謝の1日を過ごそう(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 03:13| 日記
spacer.gif