大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年12月09日

鶏門から猪木酒場へ。

201212081825000.jpg201212081824000.jpg201212090011000.jpg201212090014000.jpg昨日の夕方僕は領二と共に大塚にいた。


初めて大塚という町に降り立った僕。


静かな雰囲気の下町情緒あふれる町。



そんな心地よい町にオープンした鶏屋《鶏門》にいつもお世話になっているお客様にお誘いいただいたのである。


まずはもちろん生ビール(画像@)を体内に流し込み料理の登場をワクワクしながら待つ僕達。


そして数分後に僕達の目の前に姿を現したのが絶品鶏鍋(画像A)。


その美味しさたるや、会話をするのも忘れてしまうほどの絶品界のもの。


間違いなくまた足を運ぶことになるであろう。


そんな最高の時間を過ごさせていただきお客様と別れ次に僕が向かったのが新宿のアントニオ猪木酒場(画像BC)。


ここで僕を待ってくださっていたのが、アメトークのメインカメラマンでお馴染みの辻さん。


いつもあたたかくプロレスを応援してくださっている辻さん。


そんな辻さんから熱いお誘いをいただいたのである。


「プロレス大好き人間と一緒なのでもし可能なら合流しましょう。
でも無理はしないで大丈夫ですよ。」


いつも優しく僕のことを気にかけてくださりながら会話をされる辻さん。


そんなあたたかい辻さんと一緒におられたのは、某有名タレント会社のKさんと某有名イベント会社部長のNさん。


そして僕にとって驚きのゲストが1人。


それは澤宗紀(●^ー^●)


以前よりKさんと仲良くさせていただいていたという澤君が急遽参戦してくれたのである。


とにかく熱い空間。


いや!熱すぎる空間と言った方が正解であろう。


熱話の最中も心に響く度にジョッキになみなみと入ったビールや焼酎を誰にすすめられるわけでもなくイッキに体内に流し込む皆さん。


それをあたたかい笑顔て楽しそうに見守っておられるノンアルコールの辻さん。


最高の時間はあっという間に過ぎみんなが千鳥足でアントニオ猪木酒場を後にした。


そしてまた必ずこの熱宴を開催する約束をし、こんな会が発足された。


辻さん友の会。


とにかく熱く語り心震える時間を過ごす会。


次回の《辻さん友の会》開催が今から待ち遠しくてたまらないo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 13:28| 日記
spacer.gif