大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2013年03月20日

あふれる思い。

今夜は六本木某所にたたずむある店を訪れた僕。


常日頃からZERO1の選手をあたたかく迎えてくださり最高の宴を繰り広げてくださっている熱店。


ZERO1の選手が何度も来店してるにも関わらず僕は今夜が初来店。


選手から何度も話を聞いていながらなかなか伺う機会がなかった僕。


そんな僕を最高の笑顔であたたかく迎えてくださったママ。


そしてママだけでなく来店されてるお客さんもプロレス愛に満ちた熱人ばかり。


その空間に身を置き僕のテンションは嫌がおうにも盛り上がる。


その勢いで今夜も熱苦しく語らせていただいた。


店内におられるお客さんがひいているかどうかも記憶にないほど今夜も熱苦しく語らせていただいたのである。


今は自宅に戻る最終電車内ではあるが、今夜語り合わせていただいたお客さんの熱話が頭から離れない。


あるプロレス大好きサラリーマンのお客さんの言葉


「僕はプロレスラーじゃないですけど、毎日プロレスラーのつもりで仕事をしています。」


橋本真也が大好きだったというお客さんの言葉


「私は橋本真也が亡くなってからプロレスを見てなかったんです。

ゼロワンをずっと続けてくれていてありがとうございます

私はゼロワンがなければまた再びプロレスを観ることなかったと思います。」


そんなプロレス愛にあふれたお客さんの声を聞いてたまらない感情が込み上げてきた。


思い返すだけで自然とあふれてくる熱い思い。


うん!大谷晋二郎はまだまだ頑張っぞーp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 01:11| 日記
spacer.gif