大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2013年02月26日

高岩竜一。

12周年記念大会の岐阜(3/3)後楽園(3/6)の2大会に高岩竜一が参戦する。


岐阜大会では高岩とタッグを組み、田中・耕平組と対戦する僕。


そんな高岩と今日、ジムで会った。


昔と変わらず黙々とトレーニングを続ける高岩。


そして僕と高岩はいつも通りの会話を交わす。


「お疲れ!」


「おう!お疲れ!」


必要以上に会話をしない僕と高岩。


しかしながら付き合いは20年を越える。


僕なりに高岩の栄光や挫折を近くでたくさん見てきたつもり。


だからこそ僕にはわかる高岩がいくつかある。


今日はそんな高岩と挨拶以外にも言葉を交わした。


僕「岐阜での試合、宜しくね。」


すると高岩は無表情なまま僕の顔を見ながら


高岩「あぁ!宜しく!任しといて。」


と、呟き一瞬だけ微笑んだ。


僕にはなんとなくわかる。


こんな時の高岩は本当に強い。


ゼロワン12周年のリングで高岩竜一が思いっきり爆発する気がしてならない。
posted by 大谷晋二郎 at 20:24| 日記

激熱電話。

今夜20時頃に、いつも僕達を応援してくださっている仙台の植村さんと電話でお話させていただいた。


いつもZERO1のために何かできないかと必死に考えてくださっている植村さん。


そして人と人との繋がりや出会いを本当に大切にされている。


今日の電話も本当に熱い会話が続きあっという間に時間が過ぎたような気がする。


本当にあたたかく元気になれる時間だった。


それから約2時間後の22時過ぎに、僕の携帯電話が鳴る。


電話の向こう側はにぎやかな雰囲気。


カラオケの声が響き渡り、その歌に合わせた掛け声なども聞こえてくる。


電話をくださったのは、熊本の萩原社長。


今月僕達を熊本に呼んでくださった萩原社長。


そして熊本で試合を2大会させていただいた。


そんな萩原社長が電話口で開口一番こう言われた。


「今月のZERO1のプロレスを観た熊本の人達からお礼の言葉をいっぱいもらったけんね。」


その言葉だけで、たまらなく元気が湧いてくる僕。


さらに萩原さんはこう言われた。


「自分がみんなにお礼を言われるったい。
本当にありがとたい。」


少しお酒の入ったテンションで嬉しそうにそう話してくださる萩原さんの声を聞いて込み上げてきた。


“お前達のやってることは絶対に間違ってないよ”


“頑張れ!!”


そんなメッセージに聞こえてたまらない気持ちになった。


こんなあたたかい電話が続き、なんだかグッときた今宵。


僕達を応援してくださっている日本全国のお客様。


そんな皆さんへのご恩返しを絶対に忘れてはならない。


うん!久しぶりに叫びたくなってきた!


うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
posted by 大谷晋二郎 at 02:48| 日記
spacer.gif