大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2013年01月29日

昨夜の大熱宴。

201301290659001.jpg昨夜はずっと僕達を応援してくださっているお客様〇〇さんが僕との熱宴のためだけに群馬から上京してくださった。


実は来月あるイベントに出演させていただくため群馬に行くことが決定している僕。


その際に〇〇さんと熱宴をご一緒させていただく約束をすでにさせていただいている。


そんな〇〇さんから数日前にお電話をいただいた。


「どうしても来月まで待てない。
今月中に一緒に飲みながら語り合える日はないかな?」


そうお誘いいただき昨夜の熱宴が実現したのである。


19時に開始した熱宴が終了したのが早朝6時。


11時間に及ぶ大熱宴会。


本当にあっという間に感じた11時間。


楽しく笑い声がこだまする時間。


熱くウンウンとみんなが頷きながら語り合う時間。


誰からともなくみんながグラスに入ったお酒を一気に飲み干す時間。


そんな全ての時間から〇〇さんのあたたかく熱い気持ちがガンガン伝わってくる。


早朝までの熱宴でさすがに今日は二日酔いと闘いながら過ごすことになったが、昨夜の熱宴はたまらなくあたたかい気持ちになる本当に熱い時間だった(о^∇^о)


そして僕達は本当にたくさんの人達に支えられていると再確認できたんだ。


※早朝帰宅する際に僕の目の前に現れた朝日を知らぬ間に写メっていた僕(画像)。


写メった記憶が全くないのだが(;^_^A
posted by 大谷晋二郎 at 21:22| 日記

2013年01月28日

炎武連夢ナイト。

今日の炎武連夢ナイトにご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。


今回の炎武連夢ナイトでどうしてもやりたかったこと


それはプロレスラーを引退し次の世界で一所懸命に挑戦の毎日を送っている男達のトークショー。


プロレスを引退した後輩達から「頑張ってます!」の連絡をもらう度に僕はたまらなく元気があふれてくる。


その思いをいつも会場に来てくださるお客さんにも聞いてもらいたい。


間違いなくお客さんも元気になれる。


だからこそどうしてもこのトークショーをやりたかった。


そしてその思いに応えてくれたのが澤宗紀と柿沼謙太の2人。


いざトークショーが始まり2人のトークはというと…


うん!笑顔でありのまま素の言葉で話してくれた。


そして最後にどうしても2人に聞きたかった質問を司会のオッキーに託していた僕。


その質問は…


『プロレスラーとして頑張っていた年月はあなたにとって、なんでしたか?』


ちょっとおかしな質問かもしれないが僕はどうしても2人に聞いてみたかったんだ。


すると少し考えた後、最高の笑顔でカッキーがこう答えてくれた。


「充実した時でした!」


そして澤君も少し考えたあげくこう答えてくれた。


「今の生活の活力になっています!」


2人のこの答えを聞いて少し込み上げてきた僕。


2人にトークショーをお願いして本当に良かったと心から思った。


そして試合


炎武連夢 vs 耕平・領二


試合中盤に僕が捕まってしまう。


それでも安易に助けには来ないパートナーの田中。


田中は絶対に僕が反撃し戻ってくると信じてくれている。


僕もやられながらもコーナーに田中が立っているだけでたまらなく頼もしく感じる。


対戦相手は容赦なく真っ直ぐぶつかってくる2人。


そんな真っ直ぐな2人には真っ直ぐに向かっていくしかない。


そう考えると今回の炎武連夢ナイトに相応しいカードだったのかもしれない。


試合後には今日も何人ものお客さんから熱くあたたかい言葉をかけていただいた。


そして僕はこう思ったんだ。


何か壁にぶつかった時や元気が欲しい時にたくさんの人達にこう思ってもらえるよう一所懸命にプロレスしよう↓


「そうだ!ZERO1を観に行こう!」o(^-^)o


皆さん!明日も元気に感謝の1日を過ごしましょう(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 02:47| 日記

まるごみin南房総。

201301270743000.jpg201301261103000.jpg201301261115000.jpg昨日開催されたまるごみイベント(画像@)。


今回の開催地は千葉県南房総市。


イベント前に参加者全員で町のゴミ拾い(画像AB)。


会場前が海岸沿いということもあり凄まじい強風の中、みんなでゴミ拾いをさせていただいた。


家族や友達と共に笑顔でゴミ拾いをする皆さん。


毎回のことながら自然と心まであたたかくなる光景(^-^)


そんなあたたかいゴミ拾いの後に体育館内でイベントがスタートし様々な催しが行われた。


そして今回もイベントの最後に僕達が全力でプロレスをさせていただいた。


老若男女の皆さんがプロレスを観ながら大きな声で喜怒哀楽を爆発させてくださった。


そして今回も熱くまるごみイベントが終了。


イベント後には南房総市内で開催されたまるごみ大打ち上げ会に参加させていただいた。


まるごみを立ち上げられたKOUSAKUさんに魅力を感じ集まった熱い熱いまるごみメンバーが集う激熱打ち上げ大宴会。


話す人話す人全員が熱く語り合ってくれる最高の空間。


そんな皆さんと熱く語り合っていると、今後このイベントが大きくなっていきもっともっとたくさんの人達に元気を発信できるという思いが更に強くなっていく。


うん!僕も熱いまるごみメンバーの1人としてもっともっと頑張るぞーp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 02:38| 日記

2013年01月26日

かけがえのない命。

生命の誕生。


もしかすると世の中にある報告の中で一番心踊る報告かもしれない。


そんな心踊る報告が僕のもとに飛び込んできたヽ(´▽`)/


栃木県でいつも熱いお付き合いをさせていただいている臼井専務に2人目の子供が誕生した。


専務の奥様にもいつも熱く応援していただいている僕達。


そんな熱いご夫婦のもとに誕生したかけがえのない命。


報告をうけた際、まるで自分のことのように嬉しくなった僕。


たくさんの人達に笑顔で迎えられ誕生した新しい命。


すでにたくさんの人達を笑顔にしあたたかい気持ちにさせてくれている赤ちゃん゜+。(*′∇`)。+゜


熱い熱い専務の子供なので


おそらく熱い熱い熱人に育つことは間違いないであろうo(^-^)o


そしてついにお兄ちゃんになった康ちゃん。


頼りがいのある優しいお兄ちゃんにならなきゃだね(о^∇^о)


そして臼井専務、本当におめでとうございます。


そしてそして奥様、本当に本当におめでとうございます。


近いうちに抱っこさせていただきに伺わせていただきますo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 00:29| 日記

2013年01月25日

めっちゃZERO1。

岐阜のラジオ局FMわっち78.5MHzめっちゃZERO1の第450、451回の収録に電話出演させていただいた。


10年間続き迎えた450回。


ゼロワンを応援しようと思ってくださった岐阜の熱い方達がずっと信念を曲げず毎週毎週熱く元気に続けられた番組。


10年。


言葉にするのは簡単。


しかし10年間、何かを続けるということは決して簡単なことではない。


それでもめっちゃZERO1は決して揺らぐことなく続いている。


それは、めっちゃZERO1スタッフの皆さんが10年もの間、僕達を応援し続け、そして何か熱いものを期待し続けてくださっているという証拠に他ならない。


そんな熱い熱いめっちゃZERO1スタッフの皆さんを絶対に後悔させてはならない。


第450回のゲスト出演を終えた後、強くそう思ったんだ。


僕のやるべきことはまだまだたくさん残されてるp(^^)q


うん!頑張ろうp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 15:03| 日記

ホッとする人。

201301241233000.jpg201301241248000.jpg201301241307000.jpg今日はいつも僕達を応援してくださっている社長にお誘いいただきランチをご一緒させていただいた。


社長にお声がけいただいたのは笹やんと僕の2人。


場所は都内某ホテル内の高級中華料理店。


普段めったに来れない高級中華料理店にドキドキの僕。


そしてまだ昼間なので、ウーロン茶で社長と乾杯させていただいた。


そして乾杯後、社長があたたかい笑顔でこう言ってくださった。


「お二人に会うとなんだかホッとします。」


なんだかやけにその言葉が嬉しかった(●^ー^●)


たとえば…


どんな人になりたい?


そう尋ねられて


「会うとホッとする人になりたいです」


と答える人はなかなかいない。


でも人からそう思われるってたまらなく嬉しい。


いざ言っていただいてそれを実感した僕。


社長のそんなあたたかい言葉からスタートしたランチタイムはもちろん熱話が飛び交う激熱空間になる。


そして絶品中華料理も次から次へと運ばれてくる(画像)。


そんな熱くあたたかいランチタイムはあっという間に過ぎ、別れ際にも社長は優しい笑顔でこう言ってくださった。


「本当に楽しい時間でした。
本当にありがとう。
また会場に応援に行きますね。」


そんなあたたかい言葉を聞きながら僕は思った。


僕や笹やんからしてみれば、社長こそ


お会いさせていただくとホッとする人


そう心から思ったんだ(^-^)


うん!会うとホッとする人に出会うと元気充電が満タンになるo(^-^)o


皆さん!明日も感謝の1日を過ごしましょう(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 01:16| 日記

2013年01月22日

佐野厄除大師。

201301221614000.jpg201301221213000.jpg今日は午前中にオッキーと共に電車で茨城県つくば市に到着した僕。


いつも僕達を応援してくださっている〇〇会長にお声をかけていただいたのである。


つくばに到着して会長の会社にて、プロレスが大好きだと言われる熱いお客様をご紹介いただき熱く語り会う時間を過ごす。


その後は会長と共に佐野厄除大師に車で向かう。


今年、本厄を迎える僕。


そんな僕に厄払いに行こうと、声をかけてくださった会長。


会長も忙しい毎日を過ごしておられる方。


今日も仕事はたくさんあったはず。


それなのに僕のために時間をつくり佐野厄除大師(画像@)まで一緒に来てくださった会長。


佐野厄除大師に向かう前には昼食に絶品海鮮丼(画像A)を、そして夜には絶品の夕食までご馳走になった。


僕のために、どうしてここまでしてくださるのであろうか。


会長とお会いさせていただく度に、そんな気持ちになり心から感謝の思いがあふれてくる。


そして僕達にはそんなあたたかいお客様が全国にいてくださる。


今は東京へ戻る電車の中。


そんな時に1人でふとそんなことを考えるとなぜか込み上げてくる。


僕達を応援したいと思ったり、僕達に熱い何かを期待してくださっているお客様は今もたくさんおられる。


それを実感すると自然と込み上げてくるんだ。


今はほろ酔いなのでより込み上げてくるのかも(;^_^A


皆さん!明日も感謝の1日を熱く過ごしましょう。
posted by 大谷晋二郎 at 22:43| 日記

2013年01月21日

16周年。

今日のイオン銚子店への移動手段はマイカー。


同乗者は郁ちゃん(日高)。


いつも2人になると熱く語りだす僕達。


会社の話や若い選手の指導方法の話など毎回熱く語り続けるのである。


そしていつも思うのは本当に日高郁人は優しい男だということ。


特に若い選手達にたいして本当にひとりひとりをしっかり考えてくれていることを実感する。


そして今回、プロレスの話以外にも熱く語ってくれたこと…


それは大切な家族や地元の益田への熱い思い。


僕の知らなかったこともたくさん話してくれた郁ちゃん。


本当に熱く優しい男だということを再確認した。


そんな熱人・日高郁人を自宅前まで送った僕に郁ちゃんは…


「本当にありがとうございました!

自分、明日おかげさまでデビュー16周年になります。

これからも宜しくお願いします!」


そう言い深く一礼してくれた郁ちゃん。


郁ちゃん、覚えてなくて本当にごめんなさい(;^_^A


そして本当におめでとう!


こちらこそ、これからも宜しくお願いします(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 00:57| 日記

イオン銚子店。

今日はイオン銚子店でイベントプロレスを開催させていただいた。


昨年も全国のイオンで何度となく開催させていただいたイベントプロレス。


そして今日の銚子店がイオンで今年初のイベントプロレス。


今までにも何度かイオン銚子店で開催させていただいているので楽しみに待ってくださっていたお客さんもたくさんおられた。


「また銚子に来てくれてありがとうございます。」


「本当に今日が楽しみでした。」


そんなあたたかい言葉を何人ものお客さんからいただいた。


そして今日も本当にたくさんのお客さんがイオン銚子店吹き抜けスペースに集まってくださった。


1階2階とリングを見つめるお客さんでいっぱいになる会場。


そんな最高のシチュエーションで今日も熱く全力プロレスをさせていただいた。


試合後にまたリング上から熱苦しく語った僕に大きな拍手をしてくださったたくさんのお客さん。


何度経験してもプロレス後や熱苦しく語らせていただいた後の大きな拍手は込み上げてくる。


うん!今年も全国で熱くプロレスをし、何度でも熱苦しく語らせていただこうp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 00:27| 日記

社長からのメッセージ。

201301182058000.jpg201301182102000.jpg201301182105000.jpg2日前の18日の夜、僕は都内某所の焼肉店にいた。


ご一緒させていただいたのはいつも僕達を応援してくださっている熊本の萩原社長。


今回東京に来られた理由は僕達と熱く語り合いながらお酒を飲するため。


僕達と熱い時間を過ごすためだけに熊本から東京へ来ていただいたのである。


その事実だけで込み上げてくる僕。


そして久しぶりの高級焼肉をご一緒させていただきながらの熱空間は凄まじい勢いで盛り上がった。


2軒目でも熱話が盛り上がるのと同時に、次から次へと焼酎のボトルがあいていく。


萩原社長はあたたかい熊本弁でいつもこう言ってくださる。


「俺は大谷君と考え方が一緒たい。

だから何かあるとどうしても大谷君に会いたくなるったい。」


最高の笑顔でそう言ってくださる萩原社長。


そんな萩原社長の熱話と笑顔に触れると僕に熱いメッセージを送ってくださっているようにいつも感じる。


「今の時代、どんな世界であれ社長は必死に闘ってるんだ!

お互い頑張ろう!」


そんな心の言葉が聞こえてくる気がしてならない。


うん!本当に熱くてあたたかい時間だった(●^ー^●)
posted by 大谷晋二郎 at 00:05| 日記

2013年01月18日

お詫び。

今日(18日)明日(19日)、そして26日の道場マッチが諸事情により急遽中止になってしまいました。


楽しみにされていたお客様に大変なご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます。


何卒、ご理解の程宜しくお願いいたします。


ZERO1選手一同、今後も全力前進を心がけ一所懸命にプロレスします。


今後ともZERO1を、そしてプロレスを宜しくお願いいたします。


大谷晋二郎
posted by 大谷晋二郎 at 16:48| 日記

2013年01月14日

今年も全力プロレス。

12日の道場マッチ、13日のレジェンド後楽園大会と2連戦が終了した。


道場マッチでは間下選手と初めて闘い、レジェンド後楽園大会では久しぶりに長井選手と闘った僕。


普段なかなか闘えない選手との闘いはやはり刺激的。


今年はまだ始まったばかり。


いったい今年はどんなプロレスラーと出会い、どんなプロレスラーと再会するのだろう。


そう考えるとワクワクしてくる。


今年もプロレスができること。


そしてプロレスラーでいれること。


そしてそしてプロレスを求めてくれる人達がたくさんいてくれること。


その幸せを感じながら今年も1年思いっきりプロレスしていこうp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 09:37| 日記

2013年01月12日

『生きる』

201301111331001.jpg201301111336001.jpg201301111425002.jpg今日は有名バンドのカラーボトルの皆さん、そして小林聡先生と共に記者会見をさせていただいた僕。


カラーボトルと僕の出会い。


それは昨年のある夏の日の夜。


カラーボトルの皆さんが深夜にナックファイブの生放送で番組をされていたのを聞いていた僕。


聞いていたのは翌日に控えた新潟玉三郎イベントに向かうため新潟への夜走り中の営業車の車内。


僕は運転する植田の横で助手席に座っていた。


車のラジオを自然とナックファイブにセットしていた僕。


番組内で元気にトークをするカラーボトルの皆さんにメッセージを送りたくなる僕。


そして僕はその思いに我慢できなくなり番組にメールを送らせていただいた。


そのメールを番組内でカラーボトルさんが紹介してくださったのが初めての出会い。


おそらくこの日、新潟へ向かっていなければ僕はこの番組を聞いていなかったはず。


そして仁井聡子さんやフレッシュアップナインとの出会いがなければ僕はナックファイブを聞いていなかったであろう。


僕は思う。


今回のカラーボトルさんとの出会いは、今までに僕が出会わせていただいた熱い人達の力があってこそ。


だからこそたくさんの人達の力と、奇跡や偶然が重なり実現した熱い感謝の出会いだと僕は信じたい。


そして先日の後楽園大会にも観戦に訪れてくださったカラーボトルの皆さん。


その時はゆっくり熱話をさせていただくことができなかった僕。


しかしながら今日は記者会見の席や会見前などカラーボトルの皆さんの熱い気持ちを聞かせていただくことができた。


僕が感情のおもむくままに高校生に叫んだ言葉をブログで読んで涙があふれてきたと話してくださったカラーボトルの竹森さん。


「一所懸命を恥ずかしがるな!」


その言葉に何かを感じてくださった竹森さん。


ニューアルバム『生きる』の中に収録されている「ファイター」の歌詞にも使ってくださっている。


それは僕にとって、たまらなく光栄なこと゜+。(*′∇`)。+゜


またまた熱人界の住人と出会うことができたヽ(´▽`)/


熱人に会うと自然と元気があふれてくる僕。


頑張る人への熱い応援歌「ファイター」の中にはこんな歌詞が記されている。


♪不器用な心は いつか誰かに繋ぐ勇気に変わるから…


うん!たまらなく心に響く言葉(●^ー^●)


そんな熱人界のカラーボトルさんが2月3日ZERO1後楽園大会に来場してくださることが決定した。


2月3日も熱い空間になること間違いなしだーp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 02:03| 日記

2013年01月09日

大谷家のお正月。

IMG_1334.jpg1357381912190.jpgIMG_1281.jpgIMG_9134.jpg数日前に田舎の山口に帰郷していた妹の葉月より連絡がきた。


今年の年明けも毎年恒例の如く山口へは帰れなかった僕。


そして今年も僕以外の大谷家は大集合(;^_^A


もちろん裕兄家族も勢揃い。


みんなの元気な声を一人ずつ聞きながらあたたかい気持ちになる。


そして最後にある人物との会話に驚いた僕。


裕兄の娘であり僕にとって姪っ子の真愛ちゃん。


電話に代わった真愛ちゃんの第一声は


「アンパンマンくれて、ありがとう」


僕が昨年12月の真愛ちゃんの誕生日に送った巨大アンパンマンのオモチャのお礼を、なんともたまらなくかわいい声で言ってくれたのである。


僕にとってはしっかりと会話をする真愛ちゃんに一番驚いた。


僕が以前会った時にはまだ完全な赤ちゃんで会話はできなくて当たり前だった。


それなのに今、しっかりと僕にお礼の言葉を伝えてくれるまでに成長している。


毎日、真愛ちゃんを一所懸命に育てる裕兄やぴよさんは本当にたくさんの喜怒哀楽を感じながら生活しているはず。


だからこそ真愛ちゃんも元気に成長できているのだと僕は思う。


最後にはこうも言ってくれた真愛ちゃん。


「今度会ったら、抱っこしてね。」


んっ!


まだ3歳でありながら既に男をメロメロにさせる言葉を覚えているようだ(;^_^A


よし!望むところだ!


今年こそ真愛ちゃんと再会してメロメロにさせられようじゃないか(^O^)


今年は真愛ちゃんに会うぞ!
という楽しみができたo(^-^)o


うん!元気になれる魔法がまたひとつ増えた(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 22:36| 日記

全力前進。

ずっと一緒に走り続けてくれている人。


いつも穏やかな表情で心の中にあるであろう気の遠くなるほどの忍耐を悟らせない人。


悲しいことも苦しいことも自分の胸に収めて慌てることなく泣き言を言わず頑張っている人。


僕との付き合いも20数年になる。


そんな僕にとって特別な人のお母様が昨年末に亡くなられた。


母親を亡くした時の辛さは痛いほどにわかる僕。


年が明けた4日にお通夜、翌日5日に告別式が営まれた。


東京ドーム大会後にお通夜へ行った際にはまだ平静を保っておられた。


それでも翌日の告別式の際の挨拶で涙を流された。


僕にとっては20年以上付き合わせていただいたにも関わらず初めてみた涙だった。


その瞬間、僕はたまらない思いが込み上げてきた。


もっともっと自分が頑張らないと


そんな思いが強く込み上げてきた。


いつも僕達は助けられてばかりきた気がする。


今までに何度、後ろ姿にお辞儀をしてきたかわからない。


僕ももっと強くならないと。


そして後ろ姿にお辞儀をしてもらえるような男にならないと。


もっともっと頑張った先の景色を一緒に見るためにもっともっと頑張ろう!


うん!少しずつでも前に進むんだ!
posted by 大谷晋二郎 at 16:25| 日記

ウスイ産業大新年会。

201301061008000.jpg201301052035000.jpg201301051827000.jpg201301051842000.jpg新日本1・4東京ドーム大会を終えた翌日は栃木県の日光市へ選手数名と向かった僕。


毎年恒例のウスイ産業大新年会に出席させていただいたのである。


ずっと僕のことを「同志」と呼んでくださり熱いお付き合いをさせていただいている臼井専務。


専務と同じ空間にいるといつしか自然と熱く語り合う僕がいる。


それはお酒を飲しながらだと尚更である。


話す内容は僕達の持つ可能性の話。


今、元気を必要としている人達に対し僕達がやれること


そしてやるべきことは何なのか?


僕達の力でやれることはまだまだあるはず。


そんな話を延々と語り続ける専務と僕。


今回も大新年会の二次会が終了し三次会ではとにかく専務と熱く熱く語り合った。


そんな熱い時間を過ごさせていただいたウスイ産業大新年会から帰ってきた6日の夕方から何となく鼻水がグジュグジュし熱っぽくなってくる。


年末年始と試合やイベントなどが続き気を張っていたからであろうが、少し体調を崩してしまった僕。


しかしそれもやっとほぼ回復(^-^)


体調を崩すのが大新年会後で本当に良かった(;^_^A
posted by 大谷晋二郎 at 09:38| 日記

2013年01月03日

謹賀新年。

新年あけましておめでとうございます。


元旦の後楽園大会にご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。


また今年も元旦からプロレスができたことに感謝。


そして元旦の翌日は1・4東京ドーム大会の直前記者会見。


そして明日は東京ドーム大会。


様々な思いを精一杯背負って闘いたいと思います。


今年もプロレスの力を信じて思いっきりプロレスします。


2013年も宜しくお願いいたします。
posted by 大谷晋二郎 at 10:55| 日記
spacer.gif