大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年11月20日

日吉中プロレス。

今日僕は選手数名と共に川崎市の日吉中学校に行かせていただいた。


朝9時に学校入りしまずは校長先生へ向かう。


そして校長先生へのご挨拶と打ち合わせ。


打ち合わせ後は校内の体育館の中で黙々とリング設営をする選手達と合流。


その後少しの休憩を挟み昼食時間。


昼食は出場全選手が振り分けられ1〜3年全てのクラスに乱入しクラスメイトと一緒に食させていただいた。


僕が乱入させてもらったのは1年1組。


「こんにちはー」と元気よく入室する僕。


すると1年1組の生徒達は驚くでもなくテンション低く「こんにちは」と答える。


そしてお弁当を前にしてみんなでの「いただきます」の声も何故か元気がない。


そして黙々とお弁当を食し始める生徒達。


ここで僕が少し強引に恒例の質問タイムに突入する。


「プロレス見たことある人いますかぁ?」


2人の生徒が手を挙げる。


その2人に向かって今一度質問を投げ掛ける僕。


「プロレス見て好きになりましたか?」


すると手を挙げず首を横に傾ける生徒。


いまいち感情を表に出さない生徒達。


質問を変えてみる僕。


「将来の夢や目標をみんなの前で堂々と話せる生徒はいますかー?」


当たり前のように誰も手を挙げようとしない。


その後もギクシャクした会話のまま昼食時間が終了。


しかしながらこれでまた熱い気持ちが倍増した僕。


この子達に思いっきり喜怒哀楽を出させてあげたい。


喜怒哀楽を思いっきり出せば必ず元気につながると僕は信じている。


昼食後は約30分の昼休み時間。


そして昼休み後に約30分の講演。


今日の講演は僕だけでなく領二と大地も一緒に体育館にて全校生徒相手の講演会。


講演の中で時折笑いを見せ始めた生徒達。


少しずつ感情を出し始めた生徒達を見て嬉しくなってきた僕。


そして講演の最後にこう言わせていただいた僕。


「自分達はこれからみんなの前で一所懸命にプロレスをします。
その一所懸命なプロレスを見て感じたまま思いっきり喜怒哀楽を出して楽しんでください。」


いざ試合が始まる。


1試合目のシングルマッチで初めて見るプロレスに驚きながらも拍手や歓声が飛ぶ。


そして2試合目にはディアナさんにご協力いただいて華やかな女子プロレスのタッグマッチ。


ここでも大きな拍手や歓声が飛びかう。


生徒達が感情を出しながらプロレスを夢中で観戦してることがたまらなく嬉しい。


そしてメインイベントの3対3の試合。


僕のパートナーは領二と大地。


当然の如く大地が捕まる。


それでも必死の形相で何度も立ち上がる大地。


生徒達が大きな大きな大地コールを叫ぶ。


ふと見ると何人かの生徒達が握りこぶしをつくりながら自然とリングに引き寄せられているかのように足踏みをしている。


僕が生徒達に叫ぶ!


「我慢するな!思いっきり前に出て応援してみろ!」


すると四方からたくさんの生徒達が一気にリングまで近寄り夢中でエプロンを叩きながら大地コールを叫ぶ!


男子生徒も女子生徒も関係ない。


心から感情を爆発させ夢中で声援を飛ばし続ける生徒達。


その光景を見て今日もまた闘いながら込み上げてきた。


そして最後まで全力で闘った僕達プロレスラー。


試合後はまた今日も熱苦しく生徒達にメッセージを送らせてもらった僕。


メッセージの最後に生徒達の感情が爆発した声を聞いてみたくなった僕。


「これからも自分達は一所懸命プロレス頑張ります。
だからみんなも一所懸命頑張ろう!
わかりましたかー?」


すると大きな声で「はい!」と答える生徒達。


それでももっともっとと思った僕。


「もっと全力で返事してみろー!
わかったかー?」


試合後ということもあり少し乱暴な言葉遣いになる僕。


すると生徒達は…


『はい!!!!!』


僕の予想をはるかに越える大きな声で返事をしてくれた。


そして一所懸命に喜怒哀楽を出してくれた生徒達に最後にこう言わせていただいた。


「今の元気な返事を忘れないでください。
そしてプロレスに夢中になって一所懸命に僕達プロレスラーを応援してくれたことを忘れないでください。
本当に今日はありがとうございました。」


そう言うと本当に大きな大きな拍手をしてくれた日吉中学校の生徒達。


試合後には何人もの生徒達が駆け寄って来てくれた。


「日吉中に来てくれて本当にありがとうございました。」


「僕も何か目標つくります。」


「プロレス痛そうでしたけど本当に楽しかったです。」


等々、中学生達の純粋で真っ直ぐな言葉を聞くうちに生徒達がたまらなくいとをしくなってきた。


最近、子供達に感動させられっぱなしだっ(;^_^A


うん!子供の力は無限大だっo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 01:46| 日記
spacer.gif