大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年11月30日

鹿沼小プロレス。

201211290919000.jpg201211290921000.jpg201211291424000.jpg昨日開催させていただいた小学校プロレス。


会場である栃木県鹿沼市立石川小学校に到着したのは朝9時。


学校に到着しまずは校長室に向かい校長先生にご挨拶。


そしてみんなで体育館にリング設営。


休み時間になるとリングに興味津々な生徒達が続々と集まってくる。


そんな生徒達と触れ合いながらのあたたかいリング設営。


リング設営後は少しの休憩を挟み体育館で生徒のお迎えを待つ僕達プロレスラー。


この日も各教室へプロレスラーが行かせていただき子供達と一緒に給食をご馳走になった。


そのクラス代表の生徒が僕達を迎えに来てくれるのであるo(^-^)o


僕を迎えに来てくれたのは6年生のクラスの生徒。


「大谷選手を迎えにきました。
宜しくお願いします。」


そう言ってくれた元気な6年生と共に教室へ向かう僕。


教室に入ると恥ずかしそうな表情を浮かべながらもあたたかい拍手で迎えてくれた6年生の生徒達。


そして約30分の給食タイム(●^ー^●)


給食を食べながらもはにかんだ笑顔で僕をチラチラ見る生徒達。


そんな生徒達に次から次へと質問をぶつける僕。


質問されると恥ずかしがりながらも笑顔で一所懸命に答える子供達。


たまらなくあたたかい空間。


そして今日もまたこう思った。


この子達に思いっきり喜怒哀楽を出させてあげたい。


その思いを強くし午後の講演会と試合の準備のため控室に戻る僕。


控室内で使用される机や椅子はもちろんみんなが知ってる懐かしのもの(о^∇^о)(画像@A)


そしてついにやってきたプロレス授業の時間。


体育館に集まった全校生徒に数人の御父兄の方達。


まずは恒例の講演会を僕がさせていただく。


小学生に約20分ほど講演をさせていただき、その後は子供達と一緒に運動をする。


みんなが声を出しながら元気にスクワットや腕立て伏せを笑顔でこなしていく。


運動が終わり子供達の体や気持ちがあたたまったところで試合開始。


初めてみるプロレスに子供達の表情がイキイキとしているように見える(画像B)。


各学年の各クラスで一緒に給食を食した選手を必死に応援する子供達。


メインイベントの際には子供達の感情が爆発し、リングサイドまで押し寄せてくる。


そして何度も立ち上がるプロレスラーに対しマットを叩きながら必死に声援を飛ばす子供達。


そんな子供達に熱いメッセージを伝えるためこの日も僕達は全力でプロレスさせていただいた。


そしてこの日もまた試合後にリング上から熱苦しく僕なりのメッセージを送らせていただいた。


「何回倒されても、何度でも立ち上がればいいんだ!」


口癖のようにいつも僕が言わせていただいてる言葉。


その言葉を真剣な表情で僕を見つめながら聞く子供達。


数分前にあれだけ感情を爆発させてプロレスに夢中になっていた子供達が真剣な表情で静かに僕の話を聞いてくれているその光景にたまらない気持ちが込み上げてきた。


試合後には全校生徒の皆さんひとりひとりと握手させていただいた。


その際、子供達からあたたかい言葉をたくさん聞かせてもらった。


「これからも頑張ってください。」


「今日は僕達のためにありがとうございました。」


「僕も夢中になれるもの探します。」


等々、あたたかい言葉をたくさんかけてくれた生徒達。


そんななか1人の女の子がこう言ってくれた。


「なぜか涙が出てきました。」


僕が「恐かったかな?」と聞くと…


「恐くてじゃないです。
でも涙が出てきました。
ありがとうございました。」


そう言ってくれた女の子。


その言葉を聞いて僕も涙があふれそうになった(><)


この日もまた子供達の純粋な思いで心の洗濯をさせていただいたような気がする。


そんな最高にあたたかい小学校プロレスを開催させるために熱く動いてくださった皆さんに心から感謝。


本当にありがとうございました。
posted by 大谷晋二郎 at 13:19| 日記

2012年11月29日

栃木の小学校へ。

201211290506001.jpg先日の《栃木まるごとキレイにスッペ》イベントに続き今日も栃木へ向かう。


今日の行き先は栃木県の某小学校。


その小学校はイベントでお世話になった臼井専務の奥様の母校。


臼井専務や奥様が僕達の活動をたくさんの方達に伝えてくださり、今回の小学校プロレスが実現する。


プロレスの力を信じてくださる方が、プロレスの力をたくさんの方達に伝えようと動いてくださる。


それが嬉しくてたまらない。


そんな熱くあたたかい人達を後悔させないため


そして栃木の子供達に熱いものを伝えるために今日も思いっきりプロレスしようp(^^)q


今は自宅から駅へ向かいながら歩いている(画像)。


さすがにこの時間は駅前商店街も静か(;^_^A


皆さん!今日も感謝の1日を過ごしましょう。
posted by 大谷晋二郎 at 05:22| 日記

2012年11月26日

激熱まるごとキレイにスッペ。

201211250900000.jpg201211250859001.jpg201211250858000.jpg201211250926000.jpg201211250944000.jpg201211252030000.jpg昨日開催された激熱イベント。


《第4回栃木まるごとキレイにスッペ》


4年前にウスイ産業の臼井専務が立ち上げられた熱くあたたかいイベント。


早朝に電車で栃木へ向かった僕。


朝8:30に会場の最寄り駅である雀宮駅に到着。


駅に迎えに来ていただいていたのは臼井専務と共にイベント成功のために熱く頑張っておられる同じくウスイ産業の篠崎さん。


僕の姿を見つけると開口一番こう言われた。


「大谷社長に会えただけで何故か泣きそうです。
今日も宜しくお願いします。」


その後、篠崎さんのイベントに懸ける熱い思いを知り僕も俄然熱い思いが強くなる。


毎年開催するこのイベントには臼井専務も篠崎さんも内に秘めた並々ならぬ思いがある。


そんな大切なイベントに毎年僕達を必要としてくださることはたまらなく幸せなこと。


いざ会場へ着いて凄まじい光景に驚く(◎-◎;)


会場には僕の予想をはるかに越えた人数のお客さんが集まっておられた(画像@A)。


イベント開始から終了までの間に来場されたお客さんが2000人を越えたという。


4年前の第1回の際は100人前後のお客さんだった。


それが4年たった今2000人を越える来場者。


第1回からずっと参加させていただいている僕達にとってはたまらなく込み上げてくる光景。


それを祝福するかのように11月後半だというのに天気はこれ以上ないほどの快晴で暖かくさえ感じられる(画像B)。


そんな最高のシチュエーションのなかイベントがスタート。


まずは参加されたお客さんと一緒に町のゴミ拾い。


仲良くゴミ拾いをする何組もの親子の皆さんo(^-^)o


みんなが笑顔でゴミ拾いをする(画像CD)。


なんかいいなって思ったんだ(^-^)


ゴミ拾い後は元気の出るイベントステージの時間。


臼井専務に賛同されたアーティストやプロスポーツ選手、芸人さん達の熱くあたたかいステージが続き会場も盛り上がる。


そして今年もイベントの最後に僕達のプロレスをさせていただいた。


この日もまた夢中で声援を飛ばすたくさんの子供達がリングの周りに集まってくれた。


一所懸命な人を応援する。


やられても必死に立ち上がる人を応援する。


そんな当たり前の感情を子供達に感じてもらいたくこの日も全力でプロレスをさせていただいた僕達。


イベント終了後に臼井専務が熱い握手をしてくださった。


「晋ちゃん(僕)、本当にありがとう。
最高だったよ。」


そう言われた専務が若干涙ぐまれておられた。


イベント終了後には少人数での熱い打ち上げ飲み会に参加させていただいた。


ここでも熱く語り熱く飲み熱く酔い潰れる者が続出(;^_^A


それでも達成感にあふれみんなが笑顔だった(画像E)。


一所懸命に駆け抜けたイベント。


たくさんの元気と感動が発信されたイベント。


第5回の開催が今から楽しみだっo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 12:57| 日記

2012年11月25日

今日はまるごとキレイにスッペ。

昨日の道場マッチにご来場下さった皆さん、本当にありがとうございました。



僕は領二と組んでライディーン、マイバッハβとのタッグマッチ。


何度も闘ってはいるが、あらためて外国人レスラー達の成長を感じた試合だった。


毎日、死に物狂いで練習に明け暮れている彼らが成長しないわけがない。


絶対に日本で大きなものを得るんだ!


そんな思いが彼らの表情にあふれている。


その中でもライディーンの成長は群を抜いているように思う。


練習熱心であり志も高い。


それだけでなく恵まれた体格など素質も抜群のものを持っている。


そしてそんなライディーンに負けてなるかと頑張る他の外国人選手。


プロレスの強さや技術、そして心を学ぶため異国の地・日本へやってきた外国人選手達。


数年後には日本マット界を脅かすとてつもないプロレスラーになっているかもしれない。


未来を制するのは一所懸命な者。


それはどこの国も一緒だと信じたい。


そんな熱い道場マッチを終え、迎えた今日は栃木でのまるごみイベント。


《栃木まるごとキレイにスッペ》


今日のイベントを成功させるため日々頑張り続けた熱い人達がいる。


そんな熱い人達に最高の思いを感じてもらうため今日も全力でプロレスするんだp(^^)q


今は栃木へ向かう電車の中。


早朝なのに意外と混んでいる車内。


今日も感謝の1日のスタートですo(^-^)o


今日も悔いのない1日を過ごしましょう(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 07:12| 日記

2012年11月24日

歌舞伎町プロレス。

201211231328003.jpg201211231328002.jpg201211231328000.jpg新宿区立大久保公園特設リング大会が無事に終了しました。


ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。


本日の天気予報は1日雨…


だったにも関わらず…


雨は降っ……(;^_^A


会場に来て下さったお客さんはわかりますよね^ロ^;


しかしそんな状況でありながらも本当にたくさんのお客さんが集まってくださった。


試合後も笑顔で握手してくださり募金箱にあたたかいお気持ちを入れてくださるお客さん。


なかには笑顔で10円玉や100円玉を募金箱に入れてくれる小さな子供達もいてくれた。


本当に寒いなか来場してくれたお客さんが笑顔で握手を求めてくださったことがたまらなく嬉しかった。


そして今日初めてZERO1のプロレスを見たというご年配の男性の言葉に込み上げてきた。


「今日初めてZERO1のプロレスを見ました。
これは絶対、孫に見せないといけないと思いました。
今日無理矢理にでも連れてくればよかった。
次回は必ず孫を連れて来ますからね。
本当に今日は素晴らしいもの見せてもらった。
本当にありがとう。」


一言一句あっているかは定かでないが、優しい笑顔でそう言ってくださった。


それだけ言われると握手をしてくださり、くるりと背中を向け後ろで手を組み体を少しずつ左右に揺らしながら会場を後にされた。


その優しい後ろ姿が頭から離れない(●^ー^●)


プロレスって、やっぱりいい!


そう強く感じることができた最高にあたたかい1日だったヽ(´▽`)/


明日は14時より道場マッチ。


明日もプロレスができることに感謝。
posted by 大谷晋二郎 at 00:59| 日記

2012年11月23日

同志飲み。

201211222156000.jpgDSC_1203.jpg今宵は新橋のあの場所での熱宴。


新橋の路地裏にひっそりたたずむあの店《炭火焼鳥・山しな》。


いつもは1人でフラッと立ち寄ることの多い《山しな》に今日は総勢6人で足を運ぶ。


ZERO1からは笹やんと僕の2人。


そして他の4人は仙台から来られたお客様。


昨年、仙台でイベントプロレスをさせていただいた上杉山小学校PTAの皆さん。


PTA会長・副会長を始め僕達のイベントプロレスを全力で後押しして下さった熱い皆さんとの大熱宴会。


会長のご自宅には昨年ホームステイもさせていただいている僕。


そんな熱いPTA軍団の皆さんが東京に来られるというので熱くご一緒させていただいた。


夕刻18時に開始された今宵の熱宴。


しかしながら仙台から来られた4人中3人のお客様は最終の新幹線で仙台に帰らなければならないという。


それでも最終新幹線ギリギリの時間まで僕と飲みたいと言って下さった皆さん。


時間に限りがあるということで熱宴開始からハイペースでお酒を体内に流し込んでいく僕達。


熱宴後に運転をする仕事が残っている笹やんはノンアルコール。


必然的にZERO1代表の飲み要員となる僕。


しかしながら好んで飲み要員になるのが僕の悪いクセ。


今宵も上杉山小学校PTA軍団の皆さんと熱く語り熱く飲ませていただいた。


昨年の震災後に僕達を求めて下さった理由。


仙台の子供達に伝えたい熱い思い。


ありのままの気持ちをとことん語り合った今宵の熱宴。


熱かった。


そしてあたたかかった。


同じ志を持つ仲間と熱く語り熱く飲むことができたと心から思うことができたんだ。


今は自宅へ戻る電車の中。


明日は新宿区立大久保公園特設リングにて13時よりイベントプロレス。


予報は明日も雨。


だからなんだってんだぁ!


今宵、仙台から運んできて下さった熱い思いで明日も思いっきりプロレスするぞーp(^^)q


うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
posted by 大谷晋二郎 at 00:23| 日記

2012年11月22日

込み上げる熱宴。

201211211935000.jpg201211212035002.jpg昨夜はいつも僕達を応援してくださっている熱い社長が九州から東京に来られ宴をご一緒させていただいた。


昨日は仕事で九州から京都に行かれていた社長。


そして仕事終わりで京都から東京に来られた社長。


僕と飲むためだけに東京に来ていただいた社長。


それだけでもたまらなく嬉しかったのだが、いざお会いしてから聞いた社長の言葉でその思いがさらに強くなる。


「少し前に仕事で悔しい思いをしたんだ。
そんな時に何故か大谷晋二郎と飲みながら語り合いたいって思ったんだ。」


これ以上ないほどに光栄な言葉。


そして19時に熱宴開始のゴングが鳴る。


熱宴参加メンバーは社長と僕とオッキーの3人。


開始と同時に物凄い勢いでお酒を体内に流し込む。


目の前には絶品ちゃんこ(画像)。


そんな最高のシチュエーションで熱く語り合う3人。


店を変えてもお酒を飲するペースは変わらない。


そしてお互いかなりの酔っ払いになり熱宴終了のゴングが鳴ろうかとした時、社長が僕にこう言ってくださった。


「今日は大谷君に会えて本当に良かった。
今回は大谷君に助けてもらった。
ありがとう。」


その言葉を聞きたまらない気持ちになってきた。


そして帰りぎわにはこうも言ってくださった。


「明日からまた頑張れるよ。
ありがとう。」


壁にぶつかったり辛い局面に立った時に、この人に会いたいと思ってもらえる存在。


まだまだ未熟な僕でありながらも、今回そんな存在に少しでもなれたことがたまらなく嬉しかった(●^ー^●)


僕達を求めてくださる人達がいることは最高に幸せなこと。


そう強く感じることのできた本当に熱くあたたかい1日だった。
posted by 大谷晋二郎 at 16:06| 日記

2012年11月21日

あきべぇ選手勝利。

201211192033000.jpg201211192226000.jpg昨日僕は選手数名と共に後楽園へボクシング観戦に行かせていただいた。


応援する選手は渡部あきのり(あきべぇ)選手。


東洋太平洋ウェルター級王者であるあきべぇ選手の防衛戦(画像@)。


挑戦者は世界ランカー1位の強豪選手。


試合が始まると両者一歩も引かない迫力の大打撃戦。


試合中、何度かあきべぇ選手が攻め込まれる場面もありヒヤヒヤしたが決して引かず前へ前へ出るあきべぇ選手。


そんな一所懸命なあきべぇ選手を声が枯れるほどに応援させていただいた。


結果は12ROUNDフルに闘い判定勝ちで見事防衛成功。


勝利が決まった瞬間、自然と渾身のガッツポーズの僕。


試合後にはあきべぇ選手とZERO1を知り合わせてくださった茨城県の会長に食事に誘っていただいた(画像A)。


その食事会には見事防衛に成功したあきべぇ選手も遅れて合流。


そしてチャンピオンベルトを手にみんなに感謝の気持ちを伝えるあきべぇ選手。


そんなあきべぇ選手に集まったみんなから大きな拍手。


みんなが「次は世界だ!」と叫ぶ。


そしてあきべぇ選手も「もちろん世界を目指します!」と頼もしく返答された。


世界チャンピオンになるというあきべぇ選手の夢が応援するみんなの夢にもなっている。


みんなに元気と夢を与えるボクサー渡部あきのり選手をこれからも全力で応援させていただきたいと思いますp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 02:45| 日記

2012年11月20日

日吉中プロレス。

今日僕は選手数名と共に川崎市の日吉中学校に行かせていただいた。


朝9時に学校入りしまずは校長先生へ向かう。


そして校長先生へのご挨拶と打ち合わせ。


打ち合わせ後は校内の体育館の中で黙々とリング設営をする選手達と合流。


その後少しの休憩を挟み昼食時間。


昼食は出場全選手が振り分けられ1〜3年全てのクラスに乱入しクラスメイトと一緒に食させていただいた。


僕が乱入させてもらったのは1年1組。


「こんにちはー」と元気よく入室する僕。


すると1年1組の生徒達は驚くでもなくテンション低く「こんにちは」と答える。


そしてお弁当を前にしてみんなでの「いただきます」の声も何故か元気がない。


そして黙々とお弁当を食し始める生徒達。


ここで僕が少し強引に恒例の質問タイムに突入する。


「プロレス見たことある人いますかぁ?」


2人の生徒が手を挙げる。


その2人に向かって今一度質問を投げ掛ける僕。


「プロレス見て好きになりましたか?」


すると手を挙げず首を横に傾ける生徒。


いまいち感情を表に出さない生徒達。


質問を変えてみる僕。


「将来の夢や目標をみんなの前で堂々と話せる生徒はいますかー?」


当たり前のように誰も手を挙げようとしない。


その後もギクシャクした会話のまま昼食時間が終了。


しかしながらこれでまた熱い気持ちが倍増した僕。


この子達に思いっきり喜怒哀楽を出させてあげたい。


喜怒哀楽を思いっきり出せば必ず元気につながると僕は信じている。


昼食後は約30分の昼休み時間。


そして昼休み後に約30分の講演。


今日の講演は僕だけでなく領二と大地も一緒に体育館にて全校生徒相手の講演会。


講演の中で時折笑いを見せ始めた生徒達。


少しずつ感情を出し始めた生徒達を見て嬉しくなってきた僕。


そして講演の最後にこう言わせていただいた僕。


「自分達はこれからみんなの前で一所懸命にプロレスをします。
その一所懸命なプロレスを見て感じたまま思いっきり喜怒哀楽を出して楽しんでください。」


いざ試合が始まる。


1試合目のシングルマッチで初めて見るプロレスに驚きながらも拍手や歓声が飛ぶ。


そして2試合目にはディアナさんにご協力いただいて華やかな女子プロレスのタッグマッチ。


ここでも大きな拍手や歓声が飛びかう。


生徒達が感情を出しながらプロレスを夢中で観戦してることがたまらなく嬉しい。


そしてメインイベントの3対3の試合。


僕のパートナーは領二と大地。


当然の如く大地が捕まる。


それでも必死の形相で何度も立ち上がる大地。


生徒達が大きな大きな大地コールを叫ぶ。


ふと見ると何人かの生徒達が握りこぶしをつくりながら自然とリングに引き寄せられているかのように足踏みをしている。


僕が生徒達に叫ぶ!


「我慢するな!思いっきり前に出て応援してみろ!」


すると四方からたくさんの生徒達が一気にリングまで近寄り夢中でエプロンを叩きながら大地コールを叫ぶ!


男子生徒も女子生徒も関係ない。


心から感情を爆発させ夢中で声援を飛ばし続ける生徒達。


その光景を見て今日もまた闘いながら込み上げてきた。


そして最後まで全力で闘った僕達プロレスラー。


試合後はまた今日も熱苦しく生徒達にメッセージを送らせてもらった僕。


メッセージの最後に生徒達の感情が爆発した声を聞いてみたくなった僕。


「これからも自分達は一所懸命プロレス頑張ります。
だからみんなも一所懸命頑張ろう!
わかりましたかー?」


すると大きな声で「はい!」と答える生徒達。


それでももっともっとと思った僕。


「もっと全力で返事してみろー!
わかったかー?」


試合後ということもあり少し乱暴な言葉遣いになる僕。


すると生徒達は…


『はい!!!!!』


僕の予想をはるかに越える大きな声で返事をしてくれた。


そして一所懸命に喜怒哀楽を出してくれた生徒達に最後にこう言わせていただいた。


「今の元気な返事を忘れないでください。
そしてプロレスに夢中になって一所懸命に僕達プロレスラーを応援してくれたことを忘れないでください。
本当に今日はありがとうございました。」


そう言うと本当に大きな大きな拍手をしてくれた日吉中学校の生徒達。


試合後には何人もの生徒達が駆け寄って来てくれた。


「日吉中に来てくれて本当にありがとうございました。」


「僕も何か目標つくります。」


「プロレス痛そうでしたけど本当に楽しかったです。」


等々、中学生達の純粋で真っ直ぐな言葉を聞くうちに生徒達がたまらなくいとをしくなってきた。


最近、子供達に感動させられっぱなしだっ(;^_^A


うん!子供の力は無限大だっo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 01:46| 日記

2012年11月19日

東京タワー大会。

201211181110000.jpg201211181111000.jpg201211181334001.jpg201211181408001.jpg201211181408002.jpg昨日開催された東京タワー大会。


ご来場下さった皆さん、本当に本当にありがとうございました。


東京タワー正面玄関前に設置されたリングでいつも通り全力プロレスをさせていただいた僕達。


リングの周りにはギッシリと超満員のお客さんが集まってくださった。


たしかに入場料500円ということもあったであろう。


それでもプロレスに何かを求めてくださり、プロレスに何かを期待したからこそお客さんは来場してくださったはず。


その思いが嬉しくてたまらなかった。


いざ試合が始まる。


お客さんがプロレスに夢中になって喜怒哀楽を出している。


その光景をみて込み上げてきた。


満員のお客さんが拳を突き上げながら声援を飛ばす。


大勢の子供達が生身の人間同士が全力で体をぶつけ必死に闘う光景に唖然としながらも目を見開いてリング上を凝視する。


そしていつも間にか何度も立ち上がるプロレスラーに大声で声援を飛ばしている子供達。


その空間は僕達が目指さなければならないプロレスに限りなく近かったような気がする。


そんな熱くあたたかい大会を開催させることができたのは、ある人達のお力添えがあったから。


僕達をずっと応援してくださっている芝商店街の皆さん。


今回の大会も、始めに東京タワーさんに話を持っていってくださったのが芝商店街さん。


同じ港区の仲間じゃないかと東京タワーさんにかけあって下さったという。


僕達のために行動に移してくださることが嬉しくてたまらない。


そしていざ東京タワー大会が大成功で終わり芝商店街の皆さんが集まっておられる打ち上げ会に少しだけ参加させていただいた。


そこでの商店街の皆さんの笑顔と達成感に溢れた表情を見て感情が抑えられなくなってきた。


みんなでやりとげた感謝の東京タワー大会。


本当に本当に心の底からありがとうございました。


そんな感謝の東京タワー大会を終えて今日は神奈川県川崎市にある日吉中学校に来ている僕。


今日は日吉中学校の生徒達に講演プラス試合を見てもらう。


今日もプロレスで子供達に思いっきり喜怒哀楽を出してもらうんだp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 11:36| 日記

2012年11月18日

まるごみin山梨。

201211171024000.jpg201211170945000.jpg201211171204000.jpgDVC00141.jpg今日開催されたイベントは《まるごみin山梨》(画像@)。


会場となったのは甲府駅前。


僕達のプロレスはイベントの終盤に行わさせていただいた。


今日1日の予報は雨、雨、雨。


イベントスタートは朝8時半からのごみ拾い。


ごみ拾いの時点で空いっぱいに広がる雨雲。


そしてごみ拾い後に、迫力の太鼓演奏やよさこい踊り(画像A)。


ポツリポツリと雨に似た水滴が空から落ちてくる。


バンド演奏の際には舞台となるリングの上にテントを組み熱く演奏(画像B)。


そしてイベント終盤の僕達のプロレスの際には雨に似た水滴が空から落ちてくる量が増えてくる。


それでもびしょ濡れになりながら今日も全力でプロレスさせていただいた(画像C)。


するとお客さんもテンションが上がり凄まじい盛り上がりになる。


雨のようなもので濡れながらも夢中でプロレスラーに声援を飛ばす何人もの子供達を見て闘いながらも感動した僕。


そして無事に試合を終えリング上から皆さんに僕なりのメッセージを送らせていただいた。


それに大きな拍手で応えてくださったお客さん。


今まで何度も全国各地でまるごみイベントに参加させていただいてきた僕達。


そこでいつも感じる熱い感情。


それはリーダーのKOUSAKUさんを始め、まるごみメンバーの逞しさp(^^)q


屋外でイベントを開催する際に自然が必ず味方してくれるという保証はない。


特にまるごみイベントは屋外で開催することの多いイベント。


それでも熱いまるごみメンバーはどんな状況になろうと最後まで楽しくやりきろうとする。


その熱さと一所懸命さ、そして楽しもうとする気持ちがあるからこそ人が集まってくるのだと僕は思う。


そんなまるごみメンバーの一員でいれることに感謝ヽ(´▽`)/



明日は初の東京タワー大会。


どんな雰囲気なのか、どんな大会になるのか初めてなので僕にも想像がつかない(;^_^A


しかし僕達がやるべきことは全力でプロレスをすること。


やるぞーp(^^)q


うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!
posted by 大谷晋二郎 at 00:38| 日記

2012年11月17日

早朝の中央自動車道より。

今日は山梨でのまるごみイベントプロレス。


朝4時半に自宅を出発し今は山梨へ向かう車の中ε=┏( ・_・)┛


今日は諸事情によりジャイアンと2人で山梨に向かっている僕。


しかしながら今日も心配事がひとつ。


天候。


今日のイベント会場は甲府駅前。


もちろん屋外。


カーステレオから流れる本日の山梨方面の天気情報では雨だの雷だの怪しい言葉が連呼されている。


うん!だからなんだってんだぁ(−Q−)


雨が降ろうが槍が降ろうが今日もプロレスを求めてくれる人達がいるなら思いっきりプロレスすっぞーp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 05:34| 日記

2012年11月16日

炎の1日。

201211151317000.jpg201211151317001.jpg201211161129000.jpg201211151853000.jpg201211151911000.jpg201211151940000.jpg201211151944000.jpg201211161241000.jpg201211161302000.jpg昨日は1日名古屋で営業活動をさせていただいた。


昼食をご一緒させていただいた社長はずっと僕達を応援してくださっている方。


そして僕が嬉しくなるほどにプロレスが大好きな社長。


お会いさせていただく度にいつも激熱プロレス話に突入する。


それは昨日も例外ではなく絶品そば(画像@A)を食しながら時間がたつのを忘れるほどに語り合わせていただいた。


そして夕方に若干の時間があいたのでジムへトレーニングに行きたいことを、いつもお世話になっている石〇さんに伝えるとすぐにジムの手配をしてくださった。


トレーニング後のお客様との食事会や熱宴もセッティングしてくださったのは全て石〇さん。


ZERO1の選手をいつもあたたかく迎えてくださる石〇さん。


ずっと甘え続けてはいけないと思いながらもいつも石〇さんを頼ってしまう僕達。


いつか必ず大きなご恩返しをさせていただくんだ(^-^)


そんな石〇さんがお客様との熱宴の場に選ばれたのが超絶品焼肉屋。


梅宮辰夫 炎の焼肉
《炭焼屋 炎園》(画像B)


梅宮辰夫さんプロデュースの焼肉屋。


高級感あふれる店の造りに出てくる肉も絶品界のものばかりヽ(´▽`)/(画像CD)


そんな最高の空間でお客様との熱話に夢中になっていた僕に衝撃のサプライズが訪れた。


僕の目の前に突然、梅宮辰夫さんが現れたのである。


抜群の存在感にあふれ凄まじいオーラを纏った梅宮辰夫さん。


たまたまこの日に来店されておられたのだという。


そしてご挨拶させていただき記念撮影までご一緒させていただいた(画像EF)。


ひとりひとりのお客さんと丁寧に挨拶してまわられる梅宮辰夫さんの背中がたまらなく大きく見えた。


どれだけ立派な人になろうがまわりの人達への感謝の気持ちを忘れない背中。


心からカッコいいなと思ったんだ。


そして《炎園》を出た後も店を変え何人ものお客様と熱い時間を過ごさせていただいた。


もちろん昨夜もたくさんお酒を飲した僕は熱宴後半の記憶が曖昧(;^_^A


うん!昨日もたくさんのあたたかい人達に囲まれた感謝の1日だった(●^ー^●)


今は東京へ戻る車の中。


目の前にきれいな富士山が顔を出した(画像G)。


車内に鳴り響くバックミュージックはCHAGE&ASKAのYAH YAH YAH。


笹やんワールド爆発中(画像H)。


富士山とYAH YAH YAHがやけにマッチするo(^-^)o


それだけで何だか込み上げてきた(*´∀`*)


明日は山梨での、まるごみイベントプロレス。


明日もプロレスを待ってくれていることに心から感謝。
posted by 大谷晋二郎 at 13:14| 日記

2012年11月15日

大切な財産。

201211142245000.jpg昨日名古屋で待っていつくださったのは、いつもお世話になっている森山社長。


千葉でリフォーム会社を経営される森山社長ではあるが、ここ数年は頻繁に他県に足を運び勉強会に出席されている。


今回は全国のリフォーム会社から多くの経営者の方達が名古屋に集まり勉強会が開催されたという。


なのでZERO1を全国のリフォーム会社の皆さんに知ってもらおうと思ってくださった社長。


勉強会後にはプロレスを昔から大好きでいてくださる社長を紹介していただき熱い時間を過ごさせていただいた。


その後は全国から集まられたリフォーム会社社長の皆さんが飲んでおられる場所へ連れて行ってくださりひとりひとり僕を紹介してくださった。


僕達のためにここまで動いてくださる社長。


もちろん昨日紹介していただいたお客様との出会いも本当に大切な財産。


しかしながら今の僕達にとっては自分達のためにここまで動いてくださる森山社長こそ絶対に忘れてはならない大切な財産だと僕は思う。


つい先ほど森山社長からメールが送られてきた。


メールの最後にはこう記されていた。


「これしか私には何も出来ませんので私が出会った知り合いをより多く代表にあってもらい大谷晋二郎、ゼロワンをしってもらえればと思います。」


たまらない感情が込み上げてきた。


僕達はたくさんの人達に支えられて生きている。


今日も感謝の1日を(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 11:44| 日記

2012年11月14日

中学生の勇気。

201211131616000.jpg201211131253000.jpg201211131347000.jpg201211131638001.jpg201211131639001.jpg201211122317000.jpg201211121935000.jpg昨日は山口・湯田中学校での講演会(画像@)。


ちょうど昼12時に湯田中学校に入り、校長先生と簡単な打ち合わせ。


その後、3年4組の教室に乱入し生徒達と一緒に給食を食させてもらった僕。


初めは緊張と戸惑いを見せながらも徐々に笑顔を見せ始めてくれた3年4組の生徒達(^-^)


そこで僕が生徒達に質問を投げ掛ける。


「プロレス見たことある人ー?」


5人の生徒が手をあげる。


質問を続ける僕。


「プロレスが大好きな人いますかー?」


1人の男子生徒が手をあげる。


うーん(;´∩`)


微妙な空気が流れる3年4組。


しかしながらここで講演会に帯同してくれていたオッキーから絶妙の質問が飛び出した。


「ジャニーズかAKBかプロレスが好きな人ー?」


すると約半数の生徒達が笑いながら手をあげてくれた(о^∇^о)


こんな時のオッキーは本当に頼もしい。


そして給食後は3年4組のみんなと笑顔で記念撮影(画像A)。


その後は5時限目の授業。


そして全てのクラスを周り授業を見学させていただいた僕。


生徒達に一所懸命言葉を投げ掛ける先生。


真っ直ぐ黒板を見つめながら授業を受ける生徒。


そんな懐かしい光景にグッと引き込まれた僕。


そして5時限目の授業が終わりついに僕の講演会の時間がやってくる。


体育館には全校生徒340人と御父兄の方々百数名。


計約500人の人達が僕を迎えてくださった(画像B)。


この日も僕は精一杯語らせていただいた。


講演後には体育館に集まった皆さんから大きな大きな拍手をいただいた。


僕が話したことで前向きになり笑顔になってくれた人が1人でも多くいてくれること祈りたい。


そして何かの壁にぶつかっていたり、悩みを抱えている生徒がいたのなら少しでも気持ちが楽になってくれていたら本当に嬉しい。


講演会の最後に僕は生徒達に聞いてみた。


「みんなの前で胸を張って夢や目標を語れる生徒はいますか?」


すると元気な生徒が1人手をあげてくれ元気に夢を語ってくれた。


その後はやはり恥ずかしいのかなかなか手があがらない。


すると1人の男子生徒が恐る恐る手をあげてくれた。


そして小さな声でこう答えてくれた。


「警察官になりたいです。」


そして僕が警察官になりたい理由を問うと、またまた小さな声で…


「人のために何かをしたいからです。」


あまりにも純粋な目で真っ直ぐに僕を見ながら言ってくれたので、一瞬言葉に詰まる僕。


それでも僕はその真っ直ぐな思いをみんなに伝えたいと思った。


「もう一度大きな声で言ってみて」


するとその男子生徒は大きな声で…


「人のために何かをしてあげられる人になりたいです。」


その瞬間体育館が大きな拍手に包まれた。


そして講演会が終わり控室に戻り先生からこんな話を聞かせていただいた。


「警察官になりたい!って言った生徒は普段は本当におとなしい子で、あんな場所で手をあげれる子じゃないんです。」


それを聞いてたまらない気持ちになってきた僕。


するとその男子生徒が控室まで僕に会いに来てくれた。


「本当に今日はありがとうございました。」


しどろもどろながらも一所懸命にそう言う彼。


「とんでもないよ。
これからも頑張ろうね。」


そう言って彼の頭を撫でギュッとハグをした僕。


その時の彼の体の震えが今も忘れられない。


おそらくみんなの前で夢を語ったことも、控室まで僕を訪ねてくれたことも彼にとっては凄まじく勇気のいることだったはず。


そんな彼をたまらなくいとおしく思った僕。


今回の講演会も僕の方が子供達から大切なことを教わった気がする。


本当に心に響くあたたかい空間だった。



そして講演会が終わり湯田中学校を後にした僕達は、山口青年会議所の皆さんと来年イベント開催予定地の山口維新公園に下見に行かせていただいた。


維新公園には今現在日本ゆるキャラ2位の《ちょるる》が立っていた(●^ー^●)(画像CD)


ぜひ来年は山口が誇るゆるキャラ《ちょるる》と熱いイベントをさせていただきたいと熱く思ったんだo(^-^)o


そして来年のイベント打ち合わせが終わり僕が18時に向かったのがご存知「壱〇弐」(画像E)。


僕の高校時代の熱友である男が経営する超絶品鉄板焼屋(画像F)。


ここで湯田中学校の先生や関係者の皆さんが集まり大打ち上げ会が開催されたのである。


本当に熱くあたたかい最高の時間。


熱く飲み熱く語り熱く潰れる大熱宴会。


熱く語られる先生方を見てなんだか嬉しくなってきた僕。


最後は熱く再会を約束させていただき解散となった炎の宴。


そして迎えた今日。


今は名古屋へ向かう新幹線の中ε=┏( ・_・)┛


今日は名古屋で僕を待ってくれてる人がいる。


今日も僕を待ってくれている人がいることに感謝。
posted by 大谷晋二郎 at 13:38| 日記

2012年11月12日

市長との時間。

201211121620000.jpg渡辺市長との時間が終了。


今の思いを熱苦しく語る僕に嫌な顔ひとつせず真剣に話を聞いてくださった渡辺市長。


そして聞くだけでなく市長の口から飛び出る言葉も熱いものばかり。


今日初めて渡辺市長にお会いさせていただいた僕。


今あらためて思う。


お会いさせていただいて本当に良かった(^-^)


この熱い出会いをこれからも大切にしていきたいと心から思ったんだ(о^∇^о)
posted by 大谷晋二郎 at 17:39| 日記

いざ山口へo(^-^)o

201211120920000.jpg201211120920001.jpg今日は今から地元・山口に向かう。


来年に山口で開催予定のイベントプロレスの打ち合わせ等。


そして今日はご多忙の中、山口市長が時間をつくってくださっている。


今の僕の思いを今日も熱苦しく語らせていただこうo(^-^)o


そして明日は山口市内の湯田中学校で講演会をさせていただく。


山口の中学生に僕なりのメッセージを送らせてもらおう。


山口での二日間、あまりゆっくりできる時間はないが、父さんとお酒を飲しながら語る時間はつくりたい(^-^)


また相変わらずウイスキー水割りを延々と飲しながらあの話やこの話をするんだろうなぁ(о^∇^о)


毎回同じ話を、さも初めて話したかのように夢中で僕に語る父さん。


そんな父さんに僕は決して「その話、何度も聞いたよ。」などと、つっこんだりはしない(^-^)


ウイスキー水割りを片手に夢中で同じ話を繰り返す父さんを見るのが僕は意外と好きなんだ(●^ー^●)
posted by 大谷晋二郎 at 09:22| 日記

千葉中央公園プロレス。

201211111418001.jpg201211111417000.jpg今日は千葉中央公園にてイベントプロレスを開催させていただいた。


千葉中央公園でのイベントプロレスは今年で4回目を迎える。


4年前にプロレス大好きな熱い社長の発案で開催されたこのイベント。


毎回お会いする度に昔のプロレス話を熱く語りかけてきてくださるプロレス知識の鉄人ともいうべき社長。


今日は打ち上げの際に往年の名レスラーであるネルソン・ロイヤルを熱く語っておられたo(^-^)o


そんな熱い熱い社長のこのイベントに懸ける思いは凄まじいものがある。


イベントを成功させるために様々な人達に声をかけ賛同してくださる人達が毎年増えていく。


そんな熱い思いの結果、今年は例年をはるかに上回るお客さんが来場された。


イベント開始のオープンセレモニーの際にリングに上がった僕は本当にたくさんのお客さんを見てたまらなく嬉しくなった(^-^)


そんな思いのまま今日も全力のプロレスをさせていただいた。


そして今日もたくさんのお客さんが大声で声援を飛ばしながらプロレスに夢中になる空間が出来上がっていた。


そんな空間で自然とリングに近づいてくる子供達。


今の子供達に僕達のプロレスはどう映って見えるのだろう。


そんな思い抱きながらも子供達の夢中な表情を見て僕はプロレスの力を確信するんだ!


それはもちろん大人の皆さんにもプロレスの力で僕は伝えたい。


僕にとってはプロレス。


そして皆さんにもそれぞれのステージがあるはず。


その自分が持つステージで一所懸命な姿を子供達に見せようじゃありませんか!


一所懸命な大人の姿を見て何も感じない子供はいないと僕は思います。


はっ( ̄□ ̄;)!!


また熱苦しく語ってしまった(;^_^A


うん!今日もそんな熱い思いあふれる最高の1日だった。


皆さん!明日も熱い1日を過ごしましょうp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 01:06| 日記

2012年11月11日

石巻プロレス。

201211101145000.jpg201211101145001.jpg201211101217000.jpg201211101216000.jpg201211101537000.jpg201211101536000.jpg201211101208001.jpg201211101207000.jpgDVC00132.jpgDVC00136.jpgまるごみイベントとして宮城県石巻市で開催された今日のプロレス。


もうすぐ会場に到着といった辺りで高台に位置するコンビニエンスストアーに立ち寄った僕達。


何気なく立ち寄ったコンビニエンスストアーの駐車場に残された昨年の大震災時のメッセージを見てたまらない思いが込み上げてくる(画像@A)


そしてイベント会場に到着。


場所は石巻市立牡鹿中学校体育館(画像BC)


現地でまるごみイベントのリーダーKOUSAKUさんと合流。


そして試合前にはまるごみに参加する皆さんで石巻市内のゴミ拾い。


ゴミを拾いながら大震災から1年8ヶ月たった今も当たり前のように残る震災の爪痕に言葉を失う僕達(画像DEFG)


それでも精一杯ゴミ拾いをさせていただいた。


ゴミ拾い終了後にはまるごみメンバー全員で記念撮影(画像H)


そして場所を牡鹿中学校体育館に移動し元気を発信するイベントに突入。


歌やダンスに石巻の皆さんから大きな拍手と笑顔が送られる。


そしてイベント最後に僕達がプロレスをさせていただいた。


僕達が元気を発信できる一番の術はやっぱりプロレス。


そんな僕達のプロレスを見て、初めは恥ずかしがり声援さえ飛ばせなかった中学生達が徐々にリングに近づき大声で僕達へ声援を飛ばし始めてくれた。


その中学生達の中には大震災で家が流された子や、大切なご家族を失われた子達が何人もいた。


ある日突然、想像もつかない辛い出来事に襲われた子供達。


まだ中学生だぞ!!


そんな誰にぶつければいいのかわからない憤りを感じた。


そんな思いを抱えながら僕達は今日も全力でプロレスをさせてもらった。


とにかくこの子達に思いっきり喜怒哀楽を出させてあげたかった僕。


そして試合中の子供達の表情を見てなんだかたまらない気持ちになってきた。


試合後には僕なりのメッセージをリング上から伝えさせていただいた。


そしてイベント終了時に再びみんな笑顔で記念撮影(画像I)


記念撮影後に中学生達とハグした僕。


恥ずかしがる子や、何かをグッとこらえてる子。


「楽しかった?」


「はい!」


「一緒に頑張ろうね。」


「はい!」


「また絶対に会おうね。」


「はい!」


「君達が大人の人達を元気にしてあげてね。」


「はい!」


「君達は強いね!」


「はい!」


様々な喜怒哀楽の詰まった「はい!」を聞かせてくれた。


自分のために闘うのもプロレスラーならば、人のために闘うのもまたプロレスラー。


そんなプロレスラーの使命を全うするため明日も思いっきりプロレスするんだp(^^)q


今は石巻から東京へ戻る車の中。


明日(今日?)は千葉中央公園でイベントプロレスを開催させていただく。


今日も僕達を求めてくれる人達がおられることに感謝(^-^)


皆さん!今日も頑張りましょうp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 03:56| 日記

2012年11月10日

タカラモノ。

201211062101000.jpg201211062101001.jpg先日、LOOPCHILD(ループチャイルド)の柴野真理子さんからZERO1事務所にCDが届いた。


ループチャイルドの新曲CD。


♪タカラモノ


強い思いの籠もった歌詞に、たまらなく心に響く歌声。


何度も繰り返し聞かせていただいた僕。


今は僕の車の中は、もっぱら♪タカラモノが流れている。


そんなCDと共に、あたたたい手紙が同封されていた。


先月の後楽園大会を観戦に来ていただき初めてプロレスを見られた柴野真理子さんからのあたたたい手紙。


その手紙の最後にはこう記されていた。


「人はその人の生き様を見て初めて泣くくらい感動するのだと知りました。
私も唄う姿に生き様を見せて頑張ります。」


その強く熱い決意の言葉を読んで込み上げてきた。


柴野真理子さんも間違いなく熱人界の住人だっo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 02:21| 日記
spacer.gif