大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年10月31日

帰り道。

201210312100000.jpg201210312100001.jpg今は最寄り駅から自宅に向かい歩いてるところ。


今までにも何度もブログに記してきたが、僕の大好きな道。


怪しげな雰囲気を漂わせながらも何故か癒される道。


今日も帰って来た感が溢れホッとする。


特に今は暑くも寒くもなく歩いて帰るのが快適な季節o(^-^)o


もうすぐ自宅に到着(о^∇^о)


皆さん!明日も元気に過ごしましょうo(^-^)o
posted by 大谷晋二郎 at 21:10| 日記

あたたかい講演会終了。

201210311035000.jpg201210311031000.jpg201210311634002.jpg201210311545000.jpg201210311300001.jpg201210311259000.jpg__.jpg201210311703000.jpg高校生・中学生への講演会が無事に終了した。


講演場所は奈良県立十津川高等学校。


早朝に羽田空港を出発し南紀白浜空港に到着。


そこから約2時間ほど延々と続く山道を車で走る(画像@A)。


野生の猿が当たり前のように道路に飛び出してくる。


その道中には昨年、十津川村で起きた大きな水害の爪痕が目に飛び込んでくる(画像BC)。


ここにも復興に向け必死に頑張る人達がいる。


車は山の奥へ奥へと走り続ける。


そしてついに十津川高校に到着。


講演までの待ち時間に校舎を歩いてみる僕。


廊下の壁には十津川高校の生徒に対する他地区の高校生からの激励メッセージが貼りだされていた(画像DE)。


高校生が高校生のことを思い熱いメッセージを送る。


本当にあたたかい気持ちになり勇気が湧いてくる。


そしてついにやってきた講演会の時間。


200人を越す生徒達の前で今日も熱苦しいほどに語らせていただいた(画像F)。


なぜだか最近、夢中で講演していると自然と込み上げてきてしまう僕。


世界に入り込み過ぎているのかわからないが、なぜだかグッときてしまうのである。


それは今日も例外ではなく全力で語っている時にフッと我に返り、真剣に僕の話を聞いてくれている生徒達の表情を見てまた込み上げてきてしまった。


そして講演後に生徒達の大きな拍手ときれいな花束をいただき会場を後にした僕。


今日僕の話を聞いてくれた生徒達が何を感じて何を思ってくれたのかはわからない。


それでも講演後に僕にくれた生徒達の大きな拍手とイキイキとした表情を見て、たまらなく嬉しくなったんだヽ(´▽`)/


今は付き添いで来てくれた笹やんと共に南紀白浜空港に迎う車の中。


もちろん笹やんはいつもの通り夢の中(画像G)。


よし!東京に帰ろうε=┏( ・_・)┛


明日も悔いのない熱い感謝の1日になりますように(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 17:27| 日記

いざ十津川村へ。

201210310505000.jpgおはようございます。


今日僕が向かうのは奈良県の最南端に位置する村。


十津川村。


本日の僕の目的はプロレスではなく講演会。


十津川村教育委員会さんにお話をいただき、十津川村の中学生・高校生と教員の計280人の方達の前での講演会。


十津川村教育委員会さんから僕への希望は…


「将来への方向性や希望を語ってほしい」


十津川村にも必死に生きる人達がたくさんおられるはず。


そんな十津川村の人達が大谷晋二郎に何かを期待してくれている。


ならばその期待以上のものを発信できるよう今日も全力で語らせていただこう。


講演会も僕にとっては魂のプロレスなんだ!


十津川村へ行くには早朝の飛行機で向かわないと間に合わないという。


なんとか寝坊せずに起きれた僕。


今は最寄り駅へ向かう途中。


空には雲に包まれた不気味な月が見える(画像)。


しかし僕にはこんな月でさえも応援してくれているように感じるo(^-^)o


皆さん!今日も1日頑張りましょうp(^^)q
posted by 大谷晋二郎 at 05:33| 日記
spacer.gif