大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年10月09日

奉納プロレス。

201210090753000.jpg201210081608000.jpgDSC_0968.jpgDSC_0979.jpg昨日開催された不動堂大祭・奉納プロレス(画像@)は老若男女のお客さんが集まってくださった。


試合前には選手やお客さんが揃って参拝に参加し厳粛な空気に変わる。


そして参拝後に行った試合は2試合。


初めは久しぶりにプロレスを観戦する年配の方達や、初めてプロレスを観戦する子供達から戸惑いも若干感じられた(画像A)。


しかしながらメインイベントの途中から夢中でリングに近づき必死に応援する子供が現れた。


そしてそれをきっかけにたくさんの子供達がリングに近づき大声で選手への応援が始まった。


そんな子供達をあたたかい表情で見守りながら大人の皆さんも夢中で声援を飛ばしてくださった。


試合後には子供達と元気に記念撮影(画像B)。


なんだか試合をしながら不思議な感覚になった。


お寺の敷地内。


幼稚園のグラウンド。


老若男女のお客さん。


走り回る子供達。


様々なシチュエーションが重なり、なんだか昔にタイムスリップしたような感覚。


僕がプロレスと出会う小2の頃よりまだ前の時代のプロレス。


当然リアルタイムでは触れてはいないが、こんな空間だったのではなかろうか。


そう思えたのである。


老若男女の皆さんが喜怒哀楽を表しながら夢中になる。


うん!プロレスだなって思った。


昨年の震災の際には高台に建てられているお寺の周りは全て津波に飲まれてしまったという。


そんな状況に陥りながらも必死に塩釜で立ち上がろうとする人達。


そんな頑張り続ける人達がプロレスに夢中になり思いっきり喜怒哀楽を出してくださったことが嬉しくてたまらなかった。


そういった特別な思いや様々なシチュエーションの力で…


もしかすると試合中、本当に僕は数分間ほどタイムスリップしていたのかもしれない。


そんな非現実なことまで感じてしまうような本当にあたたかい空間だった。


試合後には熱い熱い住職さんを筆頭に、今回の奉納プロレス実現のため全力で動いてくださった熱人の皆さんと記念撮影(画像C)。


この日も心から思うことができた。


プロレスラーでいれて本当に良かった(^-^)
posted by 大谷晋二郎 at 15:13| 日記

ノアとの闘い。

昨日は宮城県塩釜市での奉納プロレスに全力で挑みながらも、ノアとの対抗戦の闘いが気になって仕方がなかった僕。


昨日のノアとの対抗戦はZERO1の2勝3敗。


結果的には負け。


それでも対抗戦に出陣したZERO1の選手は何一つめげていない。


今月16日にはZERO1のリングでもノアとの闘いが組まれている。


自分達の変わらぬ思い。


長引く対抗戦にしてはいけない。


そして絶対に負けられない。


その強い思いでノアを叩き潰す!
posted by 大谷晋二郎 at 13:14| 日記
spacer.gif