大谷晋二郎のオフィシャルブログ 【炎の刃 大谷晋二郎】 powered by ZERO1

ZERO1

2012年09月03日

折れない心で実現した激熱イベント。

201209020841000.jpg201209021422000.jpg2012090211190001.jpg201209021739000.jpg今日大阪・寝屋川で開催されたイベントは寝屋川青年会議所の皆さんが企画された熱くあたたかいイベント(画像@A)。


会場となった寝屋川市立市民体育館には本当にたくさんのお客さんが来場してくださった。


イベントは1部(大谷晋二郎講演会)2部(プロレス3試合)の構成で行われた。


僕の熱苦しい講演会を真剣な表情で聞いてくださるお客さん。


そして講演会後半には子供達をリングに上げちびっこプロレス教室も開催させていただいた。


リング上で元気よく運動する子供達をリング下からあたたかい表情でカメラを構えるお父さんお母さん。


そんなあたたかい光景がたまらなく胸に響いてきた。


そして2部のプロレスに突入。


メインイベントでは《あなたのレスラーズ》イベントに初めて蝶野さんが参戦してくださり大地と僕とでトリオを組ませていただいた(画像B)。


試合ではこの日もたくさんの子供達が自然発生的にリングに近寄り夢中になって大声で声援を飛ばす空間になる。


そしてこの日は自ら勝利を掴んだ大地に試合後大きな大地コールが起きる。


そんな大成功で終わった今回のイベント。


この寝屋川青年会議所の皆さんが全力でつくりあげるイベント。


そんな大切なイベントに僕達のプロレスを求めてくださり呼んでくださるまでにはいくつもの壁が立ちはだかっていたという。


その事実をイベント終了後の打ち上げ食事会にて寝屋川青年会議所理事長を始め実行委員の皆さんから聞かせていただき始めて知った僕。


始まりは数年前に僕達の活動を紹介してくださったアメトークを見た合〇さんの勇気ある提案から始まった。


アメトークを見た合〇さんは、どうしても寝屋川青年会議所のイベントにZERO1を呼びたいと思ってくださったという。


しかしながら反対意見が少なくはなかった。


でもそれは反対意見をされる方を一概には攻めたりはできないと僕は思う。


いきなり青年会議所のイベントでプロレスと言われても理解できない方がいても決して不思議ではない。


それでも合〇さんはZERO1を呼ぶことを諦めずにいてくださった。


そんな合〇さんの熱い思いを絶対に叶えたいと思う仲間もたくさんおられたという。


そんな熱い仲間の1人である橋〇さんが打ち上げの際に僕の隣でこう熱く語ってくださった。


「仲間がどうしても実現したい夢があって頑張ってるんです。
そんな仲間の夢を実現したくてたまらなくなったんです。」


多少お酒が入りほろ酔い加減ではありながらも表情は真剣そのもの。


そんな寝屋川青年会議所の皆さんのあたたかい輪に込み上げてきた僕。


熱く語り合っていると理事長を始め数人の寝屋川青年会議所メンバーの皆さんが目に涙をためながらお酒を飲されていた。


何かに必死に取り組んで、やり抜いた後の達成感であふれ出る涙。


その熱い涙からは大きな元気が発信される。


イベント終了後には来場されたお客さん達から「本当に楽しく元気になれたイベントでした。」と、青年会議所の皆さんに伝えられたという。


そんな熱くあたたかい感動と元気あふれるイベントに参加させていただいた僕達も本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいになった。


今日の寝屋川青年会議所主催イベントは…


折れない気持ちと熱さ。


そして何よりたくさんの人達への感謝の気持ちの詰まった最高の激熱イベントだった。


打ち上げ食事会終了後には寝屋川青年会議所の熱きメンバーの皆さんと記念撮影(画像C)。


熱い人達と触れ合い熱く語り合うと大きな心の洗濯をすることができる。


うん!心の大洗濯完了である(●^ー^●)
posted by 大谷晋二郎 at 00:42| 日記
spacer.gif